シェアオフィス大手のウィーワークは21日、SPAC(特別買収目的会社)との合併を通じてニューヨーク証券取引所に株式を上場しました。上場初日は、合併したSPACの前日の終値を13.5%上回る11ドル78セントで、取引を終えました。 ウィーワークは、2019年にも上場を計画していましたが、規模の拡大を急いだ結果経営が行き詰まり、計画の撤回に追い込まれていました。その後は、株主のソフトバンクグループが経営の再建を支援していますが、2021年4月から6月期は9億2300万ドルの最終赤字と厳しい業績

スマホの販売のほかにも、自動運転など“未来の生活を支えるサービス”を数多く展開するソフトバンク(株)。その最先端のすごいロボットや技術を3つご紹介します。 ① エレベーターも自分で乗れる、お買い物ロボット お買い物をしてくれる自律走行型の配送ロボット「RICE(ラ

ページトップへ
Twitter Facebook