4週間以上熟成させた肉が売りの「ピーター・ルーガー」1887年に創業したニューヨークの老舗ステーキハウス「ピーター・ルーガー」。肉を寝かせて旨味を引き出す「熟成肉」のステーキを世界中に広めたのがこの店と言われています。その海外初の店舗が14日、東京、恵比寿にオープンしました。コロナで厳しい環境に置かれた外食業界。超大型ステーキ店のオープンまでの舞台裏を取材しました。9月中旬、東京・恵比寿。「ピーター・ルーガー・ステーキハウス 東京」では開店準備の大詰めを迎えていました。トラックから次々降ろされる

日産の内田誠社長日産自動車は世界で初めてEV(電気自動車)の量産に成功し、市場に投入したパイオニアですが、今は販売台数でアメリカのテスラに大きく水をあけられています。群雄割拠の世界のEV市場で再び日産は存在感を示すことはできるのか、日産の内田誠社長がテレビ東京の単独取材に応じ、その戦略を語りました。日産は11月29日、オンラインで2030年までの戦略として、EVを中心とする電動車の開発や生産に今後5年間で2兆円を投資すると発表しました。電動化に2兆円規模の投資をしていく狙いについて、内田社長は「

ページトップへ
Twitter Facebook