客が絶賛するロングセラー~シソふりかけ王者の秘密~「ご飯のお供」の代表格といえば、お家時間の増加で需要が高まっているふりかけ。この5年で家庭での購入額が10%近く上がっている。味のバリエーションも増えており、カレー味や焼肉味、さらにご当地ふりかけ、なんてものもある。そんな激しい競争の中で、地味ながらファンをつかんでいるのが「ゆかり」だ。年間売り上げは41億円。ふりかけとしては「のりたま」に次ぐ売れ筋商品だ。赤じその香りと梅の酸味が食欲を掻き立てる、発売から50年以上愛され続けるロングセラーである

日産の内田誠社長日産自動車は世界で初めてEV(電気自動車)の量産に成功し、市場に投入したパイオニアですが、今は販売台数でアメリカのテスラに大きく水をあけられています。群雄割拠の世界のEV市場で再び日産は存在感を示すことはできるのか、日産の内田誠社長がテレビ東京の単独取材に応じ、その戦略を語りました。日産は11月29日、オンラインで2030年までの戦略として、EVを中心とする電動車の開発や生産に今後5年間で2兆円を投資すると発表しました。電動化に2兆円規模の投資をしていく狙いについて、内田社長は「

ページトップへ
Twitter Facebook